<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昨日は六本木スーパーデラックスにて、Le Dernier Criの来日ツアーイベント『超解毒波止場』に行って来た。

Le Dernier Cri…フランスはマルセイユで、シルクスクリーンを使ったアート出版物を編集・発行する工房。
その主宰であるパキート・ボリノさんは出版芸術家と呼ばれているようだ。
ふーん、そんな肩書き初めて聞いた。なんでも、世界各国で埋もれている作家、漫画家の本やポスターを日夜シコシコ作っているという。ほうほう。しかも手刷りで。お~なんだか愛を感じるぜ。
てことで行ってみると、物販にLe Dernier Criの出版物がいっぱい。
どれもしっかりとした紙にオールカラーで印刷されている。なんだろうこの大量生産できない特別な感じ。ただの画集には思えないほど本そのものから濃い~いモンが匂ってくる。
せっかくなので一冊購入。
パキートさんが目をつけた日本人作家、特殊漫画家の根本敬さんと美人画家の市場大介さんの絵が載ってるやつ。
d0164172_12422393.jpg


どれもエログロで、特に私はエログロ好きなわけではないのだけど、むしろちょっと苦手だけど、本の手触りや色合い、テキスト一切なしで脈絡もなくただ色んな絵がミックスされている感じに衝撃を受けた。これ2000円は安い!と思った。例えるならDJの出版バージョン?音に置き換えると爆音ノイズ系?パキートさんは普段からノイズミュージックをたしなんでいるとのことですし。

イベントもすごいカオスティックで、色々とにかく凄かった。
前座は美人画家の市場大介さんによるライブ。でっかい犬の被り物をした女の人(JON(犬))と一緒にフォークミュージック(?)を披露。
メイントークはパキートさん、根本敬さん、蛭子能収さん、佐川一政さん。
佐川一政さんがパリの人肉事件の犯人だと途中で気づいてびっくり。
昔ヲルガン座のイベントで佐川さんを取り上げた悪趣味な番組が紹介されていたのを見て存在を知ったのだけど、まさか本人に会えるとは。
そしてこのトーク。まとめ役不在という感じで皆好き勝手話すので結構しっちゃかめっちゃかだった。ここに五所純子さんがいれば、もっと場も華やぎ、冷静にこのオヤジたちをまとめてくれるんだろな~なんて思いつつ。(五所さんはドミューンでも根本さん、パキートさん其々とトークしている)

脱線するけど五所純子さんのブログは超かっこいいです!日めくりカレンダーに手書きというスタイルは真似したくなります。

話を戻す。トークで一番笑いが起きたのは、蛭子さんの「今日は翻訳があまり良くないですね~」の一言だった。それ位パキートさんの翻訳者の日本語がわかりにくく、途中で見かねた外国人スタッフが交代するほど酷かった。意訳をしないととんでもないことになる爆弾発言もあり、翻訳するのも大変なんだろうな、と同情してしまうけど。「え~、天●陛下を殺せ」とかそのまま放り投げちゃダメでしょう。ハラハラするわ。

最後には、これは芸術だとかこれはアンダーグラウンドだとかの線引きなんて馬鹿馬鹿しいよね。作ってる本人はそんなこと考えちゃいないよね。というところで話が落ち着き、2時間のトークが終了。
いいな~と思ったのは、Le Dernier Criの本やポスターの値段設定。
貧乏人でも手に入れることができる数千円という設定は、パキートさんの沢山の人に手にして欲しいという思いからだという。絶対お金かかってるのになんて良心的。
それは金持ちにしか買えない芸術作品がはびこるメインストリートのアートマーケットに対しての反発、のようにも感じられた。もちろん一点ものでないから可能な値段設定なんだけど、著名な方の版画作品は数も少ない上に比べ物にならないほど高い。パキートさんは手間や時間を惜しまず、沢山刷って安く提供。本は1000円から買えるし、ポスターも一枚5000円!
やはり愛を感じて、貧乏人としては拍手を送りたい気持ちになった。
普通は評価されているからこそ高いのだし手にする意味もあるのだ、という考え方もあるけど、著名であるということに誤魔化されている部分もきっとあるだろうな、と思う。どこの誰だかわかんないけど、この絵むっちゃいいじゃん!となるほうが純粋なんじゃないかしら。
つくづくそういう目を養い、そういうモノにお金を使いたいもんだ、と思う。
世界各国の、その国の人でさえ目を通さないような出版物までチェックし自分の感覚でいい作家を探し、愛ある手刷りで本にする。出版芸術家、パキート・ボリノ。そう呼ばれるのはなんか理解できた。ちょっと都築さんと感覚が似ているかも。都築さんもそういう意味じゃ出版芸術家だ。

トークの後、最後は漫画家、宮西計三さんのバンド。1時間くらいカオスティックな演奏をノンストップで続け、終わったときは、終わったことにちょっと感動した。

「本は理想的な毒」とはこの日のパキートさんの言葉。毒は静かに溜まっていき、内側から人を変えていく。
毒は、確かにいただきました。
消化しきれない位濃いイベントだったが、行って良かった。

なんか最近目につくイベントや本が「貧乏」というキーワードでつながっているように思える。
そりゃお金は欲しいけど、大金を手にするには宝くじでも当てない限り、せっせと働くしか方法がない。それもできれば避けたいので、貧乏な中で(社会のシステムからはずれたところで)ファンタスティックに生きている人に惹かれるんだと思う。

思う存分毒されて。
出来るだけおもしろおかしく生きていくぞ。
[PR]
by nicolaus_92 | 2010-09-26 14:25 | おすすめ
人間は火を燃やす竃を精密に強大にし、

また、術に長けはしたけれど、

なお壮大な生物の文化には

合流しえずにいる新参者なのかもしれない。

核の竃などという、

自然界の文化とはなじまない、

ある意味ではきわめて野蛮な文明を

発達させたことなども、

その現われといえるかもしれない。

人間は確かに頭脳も大きく理智にも長じ、

言語機能に優れた生物ではあるけれども、

いや、そうであるからこそ、

その意識的な行為によって、

今後は生物全体の創出する

『文化』の世界へと合流していくべきなのだろう。

高木仁三郎『いま自然をどうみるか』(白泉社)より


映画『祝の島』の冒頭に出てくるこの言葉は、映画をみる前とみた後では随分響き方が違った。

人間がこの世界に生まれてから滅びるまでの歴史なんて、何億年も前から続く生物の歴史に比べると雀の涙ほどのもんなんだろう。
ケツの青い新参者だということを自覚して、大人しくしておけばいいものを。
人間は我が儘に過ごしたいがために、危険をかえりみず無茶な発明を繰り返し、誰かが傷ついてもその勢いを止める勇気を持たない。便利さを追求してちいさなところで競争して、自分たちで作った資本主義のシステムの中でアップアップしている。
なんだか滑稽じゃあないですか。
まあそんな便利な世の中で生まれ育った私たちは、その恩恵をたっぷり受けてきているのだけど。

祝島は山口県の上関というところにある島で、島の向かいにある田ノ浦に原子力発電所が建つことに28年間反対運動を続けている。
映画の中で、島民の平さんが「都会の人らは身の丈に合わん生活をしとるように思える」とおっしゃっていた。
その言葉は祝島の人たちが、自然を前にすれば自分たち人間がいかに小さな存在であるかを知っているように思えた。「海や山からの恵みで自分たちは生きている」島の人たちはそんな暮らしをリアルに営んでいるからこそ、当然のように自然に対して感謝と謙虚な気持ちを持つのだろう。
でも都会に住む私たちだって自然の恵みで生きていることに変わりはないはずなのに。
こういう姿を前にしなければ、意識できないほど余計なものに埋もれて生きてしまっているんだきっと。

ああ、この人たちはわかっているんだなぁ。未だ新参者でしかない人間の青さを。
そんな風に、謙虚な姿勢で1000年先を静かにみて日々の生活を営んでいるんだなぁ。
その姿はどこを切り取っても美しく、映画をみている間中、なにやら涙が止まらなかった。

そんな穏やかな暮らしをしている人たちが、28年前からずっと戦っている。
海を守るために。必死で、それこそ命をかけて。
祝島の人たちの暮らしやあたたかな人柄を見ていたら、「原発反対!」と声をあげて争わねばならぬ今の状況がどんなに辛いものであるか。本当はそんなことしたくないに決まっている。
穏やかに静かに暮らしていた人たちにそんなしんどい思いをさせて、なんだか申し訳ない気持ちにもなった。

9月9日の夜間、中国電力は埋め立て工事を深夜に強行しようとした。
島民の抗議行動で中止にはなったものの、これからも何度となくこうやって戦っていくんだろうか。
もういい加減中国電力は手を引いたらどうなんだろう。
島の人たちの生活を、思いを踏みにじる権利はどこにもないだろうに。
命がけで反対している島の人たちは真正面からあなたたちに向かっているのに。
中国電力は背中見せたまま権力やお金を武器にしているだけのように見える。
中国電力のホームページを見たって原発を推進する思いなんて見えてこんよ。
そんなん日々の生活と自然がつながっている島の人たちの命がけの思いにはかないっこないよ。


ここ数週間は、そんなどうしようもない怒りがふつふつとしていた。
自分に何ができるというわけではないし、私なんかがこうやって言葉にすること自体ためらわれた。
ぎゃーぎゃー言う資格や必然性もないのかもしれないけど。
祝島島民の会のブログでの呼びかけのお願いをみて、やっぱり日記に書こうと思った。
映画をみて感動した。だからちょっと感じたことを言葉にしてみる。
そんな単純な動機でもありかな、と思って。
[PR]
by nicolaus_92 | 2010-09-20 15:35
前回の日記で、キリスト教社会館ではキリスト教らしき活動をした記憶はない、と書いたけどそれは間違いでした。

毎年クリスマスイブの夜は自分たちの家を順に回って、「きよしこの夜」のデリバリーをしていたのを思い出しました。
しゃもじにロウソクつけて玄関先で皆で歌うのです。

すると「ありがとね」といって大人が大抵お菓子をくれます。
当然自分の家にも行くので、その時は恥ずかしいような、友達が沢山家に来て嬉しいようなむずむずした気分になります。
戻ったら皆でお菓子を山分けして食べます。
キリスト教らしいと言えばそうかもしれないけど、完全にお菓子目当てだった事は否定できません。
でも夜遅くに皆で行動するのもなんだか楽しかったです。

あの頃はなんでもないような事にウキウキしていたんだな~。
[PR]
by nicolaus_92 | 2010-09-09 00:49 | 自分のこと
最近読み終わった「フードジョッキー その理論と実践」

これがまた、なかなかに痛快で面白い本だった。胸にガツンとくる名言が散りばめられていて、自分の思想、生き方に影響を与えそうな予感さえする。

フードジョッキーとは…
食物の選択を行い、料理方法を決定し、料理を実行することで、表現活動や空間演出を行う人たちのことを指す。

と、説明すると前々からあった言葉のようだが、実際は著者である行友太郎さん、東琢磨さんによる造語で簡単に言うとディスクジョッキー(DJ)のパクリである。
ターンテーブルをカセットコンロに、ディスクを食材に置き換え、食物を騎手が馬を乗りこなすように使用する人のことを指すのだそうだ。

活動内容としては、広島のインチキレコード屋「シャリバリ」にて創設されたシャリバリ地下大学(行友太郎さんがガクチョー)の読書会が発展し、フードジョッキー学部なるものが生まれ、以後様々な食材を持ち込みひたすら調理して食べ、語り合うというものらしい。

かなり怪しい。うさんくさい。でも気になる。
そして基本的な精神として「私たちは生きるために食べる」のではなく「食べるために生きる」のだ、と謳い「働かざるもの食うべからず」という言葉に代表されるような労働至上主義に対し嫌悪を示している。

「私たちは何故これほどまでに労働が嫌なのか。答えはこうである。退屈だからである。」
「とりあえず働くとか働かないとか、ああでもないこうでもないと言う前にすべての人に食物をよこすべきである。そのことが生の多様さを展開させる条件となるだろう。」
(本文p14-15参照)

この辺からしてもうツボなんだけど、この本の魅力は、これによって日本の食糧自給率や安全性の問題、フェアトレードの問題を真面目に話し合うような退屈なものに陥っていないこと。
今、自分たちの生きている現実を権力やしがらみから全くフリーな視点から語っていること。

「政治も、資本も、国家も、労働も、消費も、広告も、開発も、上からの復興も、上だけの国際交流も、そして戦争も、あらゆる暴力は私たちの食欲の核心を飼いならすことなどできはしない。
私たちの食欲の核心に応えることができるのは、私たちが私たち自身で作り分かち合う料理だけだ。」
(本文12p参照)

さらに札幌のHIPHOPグループ「THE BLUE HERB」のMCイルボスティーノの言葉を引用したり、毎回のBGMが記されていたり、音楽がらみのネタもあってその辺もツボった。
料理の名前でもある目次がこれまた愉快で、読書欲と食欲を刺激する。
「反労働の激辛チゲ風うどん」やら「明かしえぬ共同体煮込み」やら「存在者が存在から離脱する鍋」やら。

そしてこの本は広島で生まれたものであるが故に、私が生まれ育ってきた環境にリンクしているところが結構ある。
編集・発行人であるひろしま女性学研究所(旧:家族社)の高雄さんは私のホームグラウンドともいうべき「海農食酒 のら屋」にて何度かお会いしているし父との交流もあるはずだ。

広島のソウルフードとして紹介される、せんじがら(牛や馬の臓物を固くなるまで揚げたもの)や、でんがくうどん(ホルモンうどん・塩味)は小さい頃から大好物だった。せんじがらはホントにむちゃくちゃ固くて、旨味の塊みたいになったホルモンをしゃぶるようにして食べる。そんなに安くもないので(一袋700円)私にとっては贅沢なおやつだった。でんがくうどんはホルモンの出汁がよく効いていて、うどんの他にラーメンやにゅうめんもあった。西区の福島町に行けばなんなく食べれるが、住んでいた中区の舟入にも支店があってよく通っていた。
d0164172_0423328.jpg


調理にもよく使われ、キングオブインスタント麺との呼び声も高い辛ラーメンは今でも欠かすことなく常備している。宇品線沿いにあった韓国の家庭料理店「ソウル屋」(名前がちょっとあやふや)で売っていた牛骨スープのインスタント麺も大好きだった。「韓国のインスタント麺は世界最強」というFJの言葉に思わずうなづく。
舌が似ているようなので、本の中で紹介されている料理はきっと私好みであるに違いない。何と何を使ったとだけ記されたレシピとも言えない料理の紹介があるので、適当に真似して作ってみようと思う。


読み終わったあと、昔通っていた児童館で毎年行っていた「ごったに祭」というイベントを思い出した。
何がどうなって始まったのかよく分からないけど、同世代の子供たちでチマチョゴリを着て太鼓を持って踊ったことがある。バンドを組んで何故か水戸黄門の主題歌とスピッツの「チェリー」を演奏したこともある。近くに住む人がいらない物を持ち寄ってバザーをしていたりする。何かしら売り子として参加するのが恒例だった。(ごったに祭は数回で終わったけどバザーは今でも毎年やっている)

児童館は「キリスト教社会館」という名称だったが、キリスト教らしき活動をした記憶は全くない。
「ごったに祭」は「ごった煮祭」だったのだな、とわかってはいたけど改めて認識した。
周りの大人は、平和、差別、フェミニズム、食、環境など様々な問題について、何かしら活動している人たちばかりだった。(当時はよくわかってなかったけど)

こんな空気の中で過ごしてきた小中高時代だった。周りにやらされていた事もあるけど、楽しかったから社会館にもずっと通っていたのだ。
この本にビビッと反応してしまうのは多少なりともこういう環境が影響していると思う。
そしてこんな風に反応できる自分がちょっとだけ好きだったりもする。
「ああこんな風で良かったな」と、自分で選んだわけでもない環境に肯定的になれるのは、嬉しいことだ。

広島へ、いつかは帰る時のことも考えた。
そのとき何をしようか、今から少し楽しみだ。

とりあえず東京でも、美味しいものをもっともっと食べてみたい。
なるべく安く、なるべく楽しく。

d0164172_0425766.jpg

[PR]
by nicolaus_92 | 2010-09-05 18:10 | 自分のこと
9月になりましたね。
わずかに秋の風を感じるけど、まだまだ残暑厳しいです。

地元広島の音楽喫茶ヲルガン座のスケジュール誌で連載している4コマ漫画、9月号。

やさし~い目で読んでやってください。

d0164172_2252524.jpg

[PR]
by nicolaus_92 | 2010-09-03 22:54 | 4コマ漫画