<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4コマ漫画アップするのをすっかり忘れてました。

地震から1週間たった頃に描いたもので、今の状況とか心情とはまた違うかもしれないけど、音楽の力を信じているのには変わりありません。

能天気な内容で「不謹慎」と思う人もいるかもしれない。
不快な思いをさせてしまったら、本当にごめんなさい。

でも、この4コマ漫画は元々能天気なものが多かったこともあって、暗くならない方向で色々考えて描いた結果です。

まぁ、こんな言い訳するほどの作品でもありませんが。。。
吉幾三は、言い訳の余地もなく似てませんね。

音楽喫茶ヲルガン座は、地元広島の中で相変わらず、とのことです。

d0164172_22435757.jpg

[PR]
by nicolaus_92 | 2011-04-07 23:35 | 4コマ漫画
去年の10月から通っていた講座「久里洋二的アニメーションのつくり方」が先週終わった。
ちゃんとした完成形ではないけれど、なんとか通しで観れるものを提出することができた。
先生も「初めてのアニメーション出来たね。おめでとう!!」と優しい言葉をかけてくれた。感涙。
実際は7匹登場するはずの雀は4匹しか出せなかったし、音も付け焼刃。タイトルもまだつけてないので、ちゃんと完成させてYouTubeにアップしたりしたいな~。
したら観てね。

アニメーション制作がひと段落したから、平日の夜や休日がスカスカしてしまった感があったけど、のんびり本を読んだり料理したり、そういう時間も大切ですよね。そうしてみて今の自分の部屋の居心地の良さを感じたり、近くの美味しいから揚げ専門店を発見したりできる。

昨日は面白そうなイベント見つけたので表参道の青山ブックセンター本店まで行ってきた。
「東京をフィールドワークする」
石川初×大竹昭子×都築響一トークショー

大竹さんが司会を務め、「東京」を地形という外側の部分と人間の営みという内側の部分に迫るトークイベントで、私の大好きな都築響一さんはもちろん内側担当。大竹さんの言葉を借りると「ドアをノックする役」。うまいこと言うなぁ。
石川初さんは「GPSを片手に街を歩き回る地上絵師」と紹介されている通り、自分が移動した軌跡を地図上に線として描いていて、その地形図のかっこ良さといったらなかった。このラインが欲しいから、という理由で用もないのに移動することもあるらしい。そういう無用の情熱ってほんと素敵だと思う。
他にも東京の地形図を様々な角度から収集していて、中でも面白かったのは水道管をたどった地図。
キレイな水を運ぶ上水道と、汚れた水が流れる下水道では通る場所が違う。上水道は人口分布に沿って満遍なく網の目のように通っているのに対して、下水道は元々の地形に沿って流れているという。最初にみせてもらった東京の山と谷だらけの地形図に沿って、ちょうど谷の部分を縫うように下水道が流れているのが見てとれた。まるで脳みその皺のよう。
石川さんの言葉を借りると「上水道が理性によって成り立っているとすれば下水道は野生。しかもその変換が水道の蛇口から出て排水口に入るわずか30cmの間におきている」のだと。
地形図という事実に基づいて出来たものからそんな発想するとは、なんて面白い人なんだ!と感動した。
そんな外側の部分からいよいよ内側へ。
トークテーマは「東京の右半分」。
右半分、というのはつまり東京の東側なんだけど、私にとっては未だ一度も行ったことない未知の場所。
都築さん曰く、昔は刑務所などのネガティブな施設が池袋や渋谷にもあったらしい。
それが政府やデベロッパーの手により開拓されたことで、ネガティブな施設は東へ追いやられ、池袋にはサンシャインが建つ、という構造。
聞くところによると足立区は犯罪率が23区内でもトップらしい。これはとても意外だった。新宿とか渋谷とか大都会じゃないんだね。
そんな人々に注目されていないようなところは地価が安い。そのために必然的に集まってくる人がいて、そういう人にとって必要なお店や施設が出来ていき、自然とコミュニティーが形成される。そういうものに興味がある、と都築さんは言っていた。「いつだって貧乏人が新しいものをつくるんだ」とも。
中央線でいうと、高円寺なんかは云わずと知れた貧乏人に優しい街で安いアパートなんかも探せばあるし面白い店もあるけど、今となってはミュージシャンやサブカル好きな若者にとっての高円寺ブランドみたいなものもあるのは否めない。そんなのよりもっともっと、必然的で土着的で濃ゆ~いものが東京の右半分にはあるのかも…と期待が膨らんだ。

あと興味深かったのは歴史的には東京の東側の方が長いのに、徐々に西へと開発の手が進む、という構造が全世界的に起こっている、という話。なんでなんだろう。
東京で言うと東から西に標高も高くなっているから、上に立って見下ろしたい、みたいな心理が働くのかもしれない、とも言っていた。なんだか黒澤明の「天国と地獄」の構図そのままだ。

この日都築さんが紹介するコアスポットの中には、浅草、上野のふんどしスナック(!?)、綾瀬のパンダの剥製がいるラーメンロッジ、墨田区にある、関東大震災や東京大空襲で亡くなった人を慰霊している東京都慰霊堂などがあった。他にも東京右半分を紹介した記事がなんとWebちくまにてたっぷり読める!これはありがたい。
ちらっと話に出た、飲み好きに熱いという立石には是非行ってみたい。立石の立ち呑みツアーというイベントもあるみたい。
あとミャンマー人が多いという高田馬場にあるミャンマー料理屋キッチンマリカも都築さんイチオシとのことなので是非行きたい。
石川さんのスリバチ学会ブログで知った大井町の高架下建築も面白そう。

わー。あれやこれやと書いてたら長い日記になっちまった。

東京をフィールドワークする。

なんだか楽しくなってきましたぞ。
[PR]
by nicolaus_92 | 2011-04-03 23:47 | おすすめ