<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月ももうそろそろ終盤。色々あってちょっとパンクしそうなので、最近のことから遡って書いてみます!

二日酔いで目が覚めた。これは2日前の日曜の朝のこと。
前日の夜は…。そう、野方祭に行って「核爆弾はいらねぇ」でおなじみのロバートデピーコを観てその後ほんま門でヒカルさん、ヒロポンさん、オッチョと飲んだ。今一番一緒にいて楽しい人たちとの至福のひととき。ほんま門のたこ焼きを食べまくって雨の中オッチョの家になだれこみまた飲む。なんか都築響一の本の背表紙を引っぺがしてバラバラにしたり、オッチョの赤裸々日記をヒカルさんが朗読したり、結構な悪行をはたらき、シルクの帽子とレインコートまでいただいて朝方帰ってきたのでした。(あ、レインコートは返します)

その日の19時頃、現代美術製作所というところでやってたアトミックサイト展に行っていた。目に見えない放射能を、目を背けたい現実を、見ようとする試み。
本当に本当に恐ろしかった。

放射能に反応して弦が震え、音を奏でるギターは止むことがなかった。
d0164172_20213641.jpg


ガイガーカウンターの下には福島で採取した土。即座に危険を示す赤に変化。
d0164172_20255777.jpg


放射性廃棄物の容れモノがとてつもなく重く、忌々しく感じた。下には牛の骨の残骸。
d0164172_20293217.jpg


福島第一原子力発電所4号機。現在もこんなぼろぼろのまま放置されている。
中にはまだ燃料棒があると聞いた。もし余震で倒壊したら…?おそろしすぎる。
d0164172_2032251.jpg


イルコモンズさんがRemixした映像集(福島第一原発、デモ、ECD、素人の乱TVなど)を観ながら、「私もいつか必ず死ぬ」という当たり前のことを考えてた。死を怖い、と思ったし生きていくことも不安だ、と思った。平和な中で生きてきた自分には、人生は一度しかないんだから楽しまないと!というお気楽な発想があれば充分だったのに、そうもいかない世の中になった。
一人一人がどう生きるか?と問われてる。いざというとき、後悔のない行動がとれるか?危険を察知できるか?捨てることができるか?守ることができるか?
答えはでなくても常に意識はしていたい。目を見開いて生きるべし。

その前日の午後17時頃、私は川崎にいた。Free Dommune ZEROというイベントに行くために。
しかし、豪雨に見舞われ警報も出ていたため、やむなく中止に。しょんぼりして帰ったら、トークイベントのみ敢行してライブ配信していたので湯豆腐つつきながら鑑賞。しかし体調を崩したお客さん(?)がいて現場に救急車が来て、公式配信も中断せざるを得なくなった。しかし誰でもライブ配信が可能なこの時代、これで終わるわけがなかった。楽屋裏から七尾旅人さん、向井秀徳さん、Phewさんが急遽ミュージシャンの逆襲配信!!しかーし!(何回目だ)何故か現場に警察がかけつけたらしく、これもたった数分間で終わった。。たった一曲。七尾さんとPhewさんの歌に釘付けだった。音楽のとてつもない力を感じた。そして家にいながらにしてこのライブ感!この一体感!やべーやべーと一旦風呂入ってリラックス。PCの前でビールもってスタンバイ。そして深夜3時頃から、小室哲哉、KIMONOSが自分のスタジオからライブ配信を行い、都内のドミューン難民たちは上映されるクラブに殺到!同時多発的に他のイベントや飲み会も開催されたりとすんごい事が起きていた!らしい!
ということで私は2時半に意識を失った。。気がついたらPC画面に小室ライブで折れてしまったという鍵盤が映っていた。朝方5時、3000人以上がその同じ画面を見ていた。時代は変わったなーと痛感しつつ眠りにつく。

その前日、高円寺で最先端をいくリメイク古着屋「シランプリ」をやってる山下陽光さんの「途中でやめる展」に行っていた。秋物カーデガンを購入したら、その場で手作りの袋を作ってくれた!トークショーも楽しかった。そして中野のビール180円の激熱沖縄料理屋でがっつり飲む。トリオフォーの話とか、切腹ピストルズの話とか。えーと、あとなんだっけ?うる覚えだけどいい夜だった!「途中でやめる」服は4着持ってるけど、コレが一番のお気に入りニート君ワンピ!
d0164172_22332541.jpg


その前日は、友達がシナリオ・演出を手掛けた「After L. Seven」という芝居を観にいった。2011年の東京と2021年の福島を描いた作品。もう起きてしまったことと、これから起きるんじゃないかと予想されることが直球勝負で描かれていた。それを「大げさでしょ」といって笑えないことが怖い。要するに、東京にいようと、福島にいようと私たちはとっくに放射能に汚染されてるってことか。これからも。ゆるやかに。


その2日前、私は福島の四季の里にいた。8月15日。終戦の日。
PROJECT FUKUSHIMA!
福島を応援したい!とか、復興の力になりたい!とか殊勝なことを考えてたわけではなく、ただ面白そうだったから、好きなアーティストが出演するから、遊びに行った。
着いたときはちょうど「音楽解放区」の時間でそこらかしこでパフォーマンスをやってた。インチキ手廻しオルガンのオグラさん発見!んでふっつーに向井秀徳さんも発見!テンション上がる!
d0164172_2157726.jpg

オーケストラFUKUSHIMA!中央で雄叫びをあげるニカさん!嬉しい!
d0164172_21583837.jpg


ニカさんは小さなステージで3曲だけ歌った。
「日本の夏は特別です」とニカさん。この日聴いた「蝉にたくして」はきっと忘れられないな。
優しく力強い「めざめの歌」。ステージの目の前にいた男の人が静かに泣いてるのが見えた。
そして最後はやっぱり「お別れのとき」!はじけるような笑顔で!
ニカさんは家業のお寺を継いでいるので普段から説教などもするそうだけど、こんな風に歌を歌っているときも沢山のことを教えてくれる。これはニカさんにしか出来ない、愛にあふれた説教だ。

和合亮一さんの朗読「詩の礫」は迫力がありすぎて恐ろしすぎたので、途中で竹原ピストルさんの男前すぎるステージに移動。竹原ピストルさんのイメージはこんな感じで、暑苦しいけど美しい。
d0164172_2255416.jpg


夕方近く。少しでも放射能の飛散を防ごうというアイデアから芝生を覆った大風呂敷。子供たちが遊んでいたり、寝転んでいる人がいたり。
d0164172_2336223.jpg

ライブもいよいよ終盤で、勝手にやって来たらしい向井秀徳「The Days of NEKOMACHI」はとてつもなく声が優しい!歌うま。ギターもうま!七尾旅人 × 原田郁子スペシャルバンド始まり「Rollin' Rollin'」でも勝手にやって来た向井秀徳乱入で大変盛り上がり楽しかった。
でも最後は渋さ知らズかね~てことで、一緒にみてたサナエさんとあずま球場に移動するも、もうほとんど終わりかけ!楽しそう~!とりあえずパシャリ。
d0164172_2316918.jpg

で、隣みたらサナエさんライブ観ずに焼きそば食ってるし!えー!今!?
遠藤ミチロウさんが球場を走り回る姿を拝み、祭りは終わった。
ばいばい、福島。
(深夜バス出発までの2時間、頭脳警察で居眠りしたというサナエさんのマシンガントーク絶好調でした!)


福島へ遊びに行く前の一週間は野方のコンセプチュアルリサイクルショップこたか商店によく通っていた。8月7日に野方座というアシッドな映画館も2Fにオープンしたということで、開催されたイベントは全部行った。一週間で計3回。野方心霊ツアーやら、ディナーショー(?)やら、とにかくまったりしていていい意味で適当!今ではお隣の夢や(古着屋)やアブラウリ(アートスペース)も含め私にとって、とってもディープな癒しスポットになっている。
特に楽しかったのは、ラップクッカー村上の大逆襲〜俺をバカにするなよナイト〜。その場で作った料理(焼きそば)を村上くんがラップで説明するんだけど、最後は必ず「いただきま~す」で終わるのがなんとも良い。ディスることが基本のラップミュージックで、こんな牧歌的なの、いいじゃない!素敵だよ村上君!ラップカミカミだけどさ!
淡路島アートフェスティバル2009 でのラップ日記はこちらで観れます!映像編集はこたか商店店主の小鷹拓郎さん!


そして野方座がオープンする前日。8月6日。
ギリギリ8:15に起きて黙祷から始まった一日。前日の夜遊びがたたって黙祷しながらそのまま意識を失いそうだったけど、なんとか菅さんの「原発に依存しない社会をめざす宣言」まで聞いて昼までまた寝た。
この日はMETEO NIGHT→原発やめろデモ(東電前・銀座)→METEO NIGHTというハードスケジュール。渋谷METEO行くとDODDODOていうのが演ってて、かなりキュートでびっくりした!不覚にも泣きそうになった。ところ変わって原発やめろデモでは、前に行った新宿の時より知ってる人も増えてて、とても居心地良かった。ふらっと行って「どーもどーも」なんて挨拶できる相手がいるのは嬉しい。この日はライブカーの後ろで練り歩いて、KORAKORAとフジロッ久を観る。KORAKORAのさっちゃんめちゃくちゃカッコイイ!ソウルフルなパフォーマンスでシュプレヒコールにも熱がこもる。フジロッ久は銀座の街に明るくご挨拶しながらご機嫌なライブを見せてくれた。「はたらくおっさん」素敵な歌やねー。って、んん?PVにヒカルさんが出演してる!あははなんかしゃべってるー!いいPVですね~コレ。
なんていってたら、シンデレラ。もう時間だよってことで渋谷METEOに戻る。今日一番のお楽しみだった切腹ピストルズを観るために!いやーヤバかった!かっこよかった!!お囃子パンク!だけどポップ!そして粋!今年、私はウザイくらいにコレを推していきますので、どうぞヨロシク。
こんな感じですっごく楽しいお祭りみたいな8月6日が終わった。


友達にデモに行ったって話したら、「デモに行くのは自負のためでしょ」って言われたことがある。それは違う、と私は思った。デモに行くこと自体、私にとっては別に誉められることではないからだ。むしろ自分にできる最低ラインだ、と思ってる。せめてデモに行って「原発いらない!」って言わないとどうしていいやら不安なだけだ。そんで結果、めっちゃ楽しんでるからね。自負じゃない。逆にデモに行ってる人が、将来子供が出来たときに「お前たちのために俺は必死で頑張ったんだよ」なんて言って、自分を誇りに思えるならそれも全然OKだと思う。そういうのも大切。まぁ考え方はいろいろだし、出来ることもいろいろあるし。人それぞれだ。

「はじめてのデモ」という素晴しいZINEに紹介されてましたが、ガンジーはすごくいい事を言ってますね!

あなたのおこなう行動が、ほとんど無意味だとしても、それでもあなたはそれを、やらなければなりません。
それは世界を変えるためにではなく、あなたが世界によって変えられないようにするためです。

ここ一ヶ月くらいのもやもやに答えをくれた気がしました。
この言葉を胸に、震災から半年の9月11日は再びデモへ行こうと思います。



2011年の夏が、そろそろ終わるね。
[PR]
by nicolaus_92 | 2011-08-23 20:33 | 自分のこと
私の仕事は、製品ラベルや取り扱い説明書など、商品に付随するラベル類の印刷入稿データ作成がメインです。かっこよく言えばDTPオペレーター!なんて呼称は今初めて使いましたが、仕事内容は商品が商品だけにまーとにかく地味。でも私は意外とこの仕事、嫌いではありません。日々住所表記や注意事項の位置などを修正し、誰にも求められていないのに0.01mm単位で文字を動かし、一人地味~な悦びを得ている次第です。

しかし最近、この仕事の間中眠くて眠くてかなわんのです。
仕事を始めて1年がたち、業務に慣れてきたのがいけないのでしょう。
春でもないのに一日中脳みそがまったりしていて、ヤク中のようなうつろな目で頭をガクガクさせています。とにかくもう眠くて眠くて眠くて……。

そんな白昼夢な毎日が生み出した、8月の4コマ漫画をご紹介します。
広島の音楽喫茶ヲルガン座のスケジュール紙に載ってるアレです。

d0164172_23251314.jpg


そうだ、眠いこと言ってる場合じゃなかった!

これ聞いて目を覚ませわたし!



シャキーン!!
[PR]
by nicolaus_92 | 2011-08-02 23:37 | 4コマ漫画