<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東急東横線白楽駅のすぐ傍にある六角橋商店街にて、毎月開催されているドッキリヤミ市!
久しぶりに行ってきました〜。
3人並んで通るのがやっとなほど狭い仲見世通りは相変わらずの盛況ぶり。
さらにその両脇を一箱古本市の出店が並び、美味しそうな飲食が並び、隙さえあらばとあちらこちらでライブにダンス!
全然まとまりがなくて、みんな勝手に好きなことやってる感じがとても良い。
商店街の入り口にある、貸し本&マッサージの猫企画前では、ピカピカ光る改造ミシンを持ち込み、ひたすらトイレットペーパーを縫うニコニコ山脈の姿。
d0164172_1954810.jpg

後ろのオモローなお方、山下陽光さんは「途中でやめる」販売。
へい!らっしゃい!!
路上に出したこたつを囲んで、飲んだり食べたりわいのわいのわい\(^o^)/
ニコニコ山脈のデコトラミシン、大人気。
色んなツッコミが飛び交う中、もくもくとトイレットペーパー(ダブル)を縫うともちゃん。
縫い上げたトイレットペーパーはワンロール1万円で売られていた。
ほんとアホだな〜。好きだな〜〜。

ヤミ市終わって、おもむろに小鷹さんが猫企画で小さなブローチを買い、ともちゃんに「ほいっ」とプレゼント。ともちゃんがビックリしてて、とっても嬉しそうで、それがすごく良いシーンだった。ときめいた。

こたか夫婦と私以外、仲間内は皆帰ってしまったけど、ドッキリヤミ市の本当のドッキリはこれからです。
この日のフィナーレは商店街公認のチャリティー野宿イベント!
きっかけは「野宿野郎」というミニコミ誌を作ってるかとうちあきさんが古本市に出店していた事から始まり、今回2回目とのこと。
なんと参加者総勢36名!
仲見世通りにどんどん寝床を作っていく人達。。
d0164172_17491281.jpg

私たちも早速寝床を作る。
こたか夫婦は最近野宿にハマりまくってて、家の近所で敢えて野宿、実家に帰っても敢えて野宿、という可笑しな人達なので手慣れたものだけど、私にとっては初めての野宿。
寝袋持ってないのでこたか夫婦に借りたら、とんでもない寝袋を持たされました。
d0164172_17593521.jpg

こたか夫婦はずっとクレオパトラと言ってましたが、これはツタンカーメンです。

ダンボールを下に敷く時、ともちゃんと私は内側を表にして敷いたけど、小鷹さんは商品ロゴが見えるよう、外側を表にして敷いた。曰く、「その方がかっこいい」からだって。小鷹さんはどんな時でも表現者だなぁ。

ほどなくして集合がかかり、「六角橋バックストリートツアー」と「心霊スポット探訪ツアー」が始まった。何がどうなのかよく分からんまま、建物の隙間を36人が進む。どう見ても謎の集団。
d0164172_184298.jpg

仲見世通りの裏側にてトマソン発見!赤瀬川さーーーん!!
d0164172_1835886.jpg

心霊ツアーは遠慮して仲見世通りに戻ると、チベット発祥のマッサージ「シンギングボウル響鳴ヒーリング」というのをやっていて、せっかくなので体験してみました。大小のボウルを並べた横に寝て、ボウルから出る音と振動が身体に伝わり浄化されていくという、スピ高めなマッサージ。
すごくリラックスできました。ボウルをお腹に乗せて鳴らすと、振動が直に感じられて非常に気持ちいいです。
野宿するだけかと思ってたけど、なんか色々お楽しみがあるのね。

マッサージが終わった時点で2時過ぎてて、結局3時頃まで飲み寝袋に入ったが、周りはまだまだワイワイしていて、友達の家で夜更かしして寝ちゃったみたいなシチュエーションだなと思った。
結局ほとんど寝れなかったけど、それは私の尾骨負傷が原因。それがなかったらかなり快適だったはず。何故負傷したかは11月の4コマ漫画を参照されたい。色々対策はしたんだが、コンクリートの固さにはかないませんでした。

今回のイベント、野宿を楽しむというよりは、36人が商店街で野宿という非日常性と、何の意味もないこのマヌケな風景を皆で作るというのが、醍醐味なんだろうなと思った。6時に起床して皆でラジオ体操とかだるすぎるけど、その光景が馬鹿馬鹿しくて乗ってみるかという気にさせる。本当に可笑しなイベントでした。
d0164172_185846.jpg

d0164172_18581253.jpg

ただ、その後振る舞われた50円のうどん入りみそ汁は、本気でマジで美味しかった。

初めての野宿という意味で言うと、尾骨の痛さで散々だったので、いつかリベンジしたいなぁ。
これが板につけば、生きる力確実にアップするんじゃないか?と勝手に期待しています。
小鷹師匠!これからもご指導のほど、よろしくお願いしやす!
d0164172_19143934.jpg

ダンボールの使い方、勉強になります!!
[PR]
by nicolaus_92 | 2013-10-22 19:54
おととい、ヒカルさんランちゃん結婚パーティーin綱島温泉!
d0164172_20265934.jpg


すべてが楽しかったです。
大好きな場所で大好きな人達と朝から晩まで、飲んで話して風呂入ってまた飲んで、ぶっ倒れて復活!そして再び飲んで話して。
しかし途中から記憶がなく、後で聞くとずっと泣いていたらしい。。はずかし。
ずっとフワフワはしゃいでて、色んな人と話したりてないので、次回はもっと冷静を保ちたい!
そう!結婚パーティーなのに、次回があるらしいんですよ。第2回目が。
これは「沢山の人と出会ってほしい、人と人をつなげたい」というお二人らしい計らいなので、思いっきり乗っかって楽しみたいし、腰を据えて話すこともしてみたい。
酒に飲まれない事が次回の目標!


時間を巻き戻して、その二日前は、ヒカルさんの東京最終公演「ソクラテスの熱弁第1夜」に行ってきた。アトム書房を巡るトークは今まで何度も聞いているが、毎回新情報があるのと、その時々でヒカルさんの熱量が集中するところが違うので、何度聞いても違う感じになって面白い。
今回の収穫。ヒカルさんの言う「最先端の過去」が何を指すのか、やっとわかった。
明言してくれた事で、サーと霧が晴れたような気がした。
最先端の過去=過去が「歴史」に変わろうとしてる境目
アトム書房を巡る調査でヒカルさんがやってる事は、「歴史」になろうとしている68年前を今と地続きにするってことなんだとわかった。
原爆が落ちる前の産業奨励館や、原爆が落ちた後の原爆ドームの隣に寄り添うことが、原爆で一瞬にして消えてしまった猿楽町を歩くことが、言葉で理解するのではなく、肌で感じながら出来ている。杉本豊に山路商に吉川清に末川凡夫人に、友達に話しかけるみたいに「こないだ誰々と会ってこんな話したんよー」とか「お前に紹介したいおもろい奴がおるんよ!」と話しかける事が出来るようになってる。68年前の広島を誰かの過去でなく自分と地続きの過去にしてしまっている。そういう凄まじさを感じながらトークを聞きました。
昔があるから今がある、という事は言葉では確かに理解していても、感覚はどっかで分断されているのが普通で、自分の立ってる地面をひっぺがして掘って掘って掘りまくって直に感じない限り、感覚でそれを理解する事はできない。だから「長崎に原爆が落ちていなかったら、自分は産まれていなかった。」というヒカルさんの言葉には、ものすごい説得力と思いが乗っかってる。
そう言われてみたら、私も広島に原爆が落ちていなかったら産まれていなかったかもと思う。父親は三重県の生まれだけど、大学進学で広島を選んだ理由の一つは、原爆が落とされた場所だからだと聞いたことがあるから。でも私は、言葉でしかそれを認識してはいない。
「失う事で得るものが必ずある」これも事実だけど辛い言葉。だからと言って原爆が落ちて良かったなんて思いたくもないし、失わないと得られないのか?と思うと寂しくもなる。たぶん「失ったもの」をしっかり見つめなければ「得る」ものもない。
なんか色んな言葉がつながって、ヒカルさんのアトム書房を巡る調査が自分の中で大きく像を結んだような気がしてスッとしました。
全部が言葉ではなくヒリヒリと肌で感じてきた結果なんだなぁと。


さて、今度は早送りして今です。
ヒカルさんを始め、私の周りにいる自由に愉快に生きてる沢山の人に影響されて、私も生き方を変えたいと思いつつあります。
「好きな事に限りなく近い事で生活する方法」とやらをヒカルさんは知ってるらしいので、もうコンサル料払って私に合った方法を教えてほしい位だけど、まあ自分なりに沢山散りばめられたヒントから、今後のことを考えたりして2日過ぎました。
この素晴らしい陽気に、家から一歩も出ておりません!なんてこった!
いや本当は、借りた漫画読んでた時間のが圧倒的に長いけどね。

で、やっぱり一番先にすべきは仕事を減らすことかなと。
だけど今の家賃だとどうしても今位働かないとやっていけないので、まず家賃を浮かせたい。そうすれば仕事を減らせて時間が作れる。あ〜誰か一緒に住んでくれないかな。。誰でもいい訳じゃないけど。昨日部屋を掃除したら6畳間がやたら広く感じて、空間あればあるだけ散らかすんだけどこんなに必要ないなと思ったり。一緒に住むのは厳しくても、自宅以外で仕事場がほしいフリーの人に昼間だけスペース貸すとか。
それか、やっぱり家賃の安い地方へ移住か?尾道在住の友達から移住を勧められているので、それも楽しそうだ。でもまだ東京にいたい気持ちもあったりなかったり。。
そして何で生計を立てるかだけど、理想を言えば夢は膨らむけどなんかどれもハードルが高そうだなぁ。。と思ってましたが、ヒカルさんの途中でやめるを分解せよツイートを見てなんかハッとした。
d0164172_20195054.png

手間ひまをかけて丁寧なものを作るというのもいいけど、高い技術が必要&値段は高くせざるを得ないから、ファストに出来るもので、チェーン店にはない個性(付加価値)を付けて値段を上げない!なるほどなぁ。おかげでしょっちゅう途中でやめる買うことが出来、有り難い。
これは途中でやめる誰にでも出来るよ、という事ではなくて、自分にも越えれるハードルで、かつ消費側がアクセスし易い(値段)もので出来る事を探す、という事なんじゃないかなと思った。例えば、文章書くの好きだけど、文筆家とか雑誌のライターとか到底無理、だけどブロガーなら可能性あるか?とか。例えばね。
こんな感じで全然考えまとまってないんだけど、皆がこんな風に考え始めれば、利害の一致で色々チャンスが広がるかもしれないので、沢山話した方がいいなと思いました。


今週土曜は、六角橋商店街のヤミ市&チャリティー野宿参加するし、来週はヒカルさんランちゃんの結婚パーティー第2弾!?

色んな人の生き方に学びたい。お話できるのが楽しみです!
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by nicolaus_92 | 2013-10-14 20:07