2015年1月号

1月ギリギリ滑り込みセーフ!
4コマ漫画のコーナーです。

昨年の11月末、初めてあがた森魚のライブに行った。
登場するなり、一人で30分以上話し続けたのち、一発目に歌ったのが、
「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」だった。
しかもアカペラで、顔くしゃくしゃにしながら。
大好きな曲なので、嬉しかった。

あがた森魚のライブは、スマートじゃないところがとても良かった。
常に全力投球で、話があちこちに飛び火して、長い。ライブは僕と貴方とのデートなんだと。貴方の為に歌うよと。ずっとこうしていたいと。諄い位に語る。キラキラしたロマンチックな眼で歌う。

そんなあがたさんを見ていて、思い浮かんだのは、真っ黒毛ぼっくすの大槻さん。大槻さんも、スマートじゃないところが良い。

でもそういう等身大な言葉やパフォーマンスが、2人共とてもかっこいいのだ。

そういえば、真っ黒毛ぼっくすの「酔いどれ東京ダンスミュージック」の歌詞には、
「あがた森魚の歌を口ずさみながら」
というのがあるな。あれは何の歌なんだろう?と改めて聴くと、
「今宵幸子と一郎に会いにゆこうか」
とくるから、「赤色エレジー」なんだなきっと。酔いどれて歌いながら坂道を下るところを想像して、哀愁に浸り・・・
それで今度は本棚の奥から、林静一の漫画「赤色エレジー」を出してきて、うわぁやっぱりすげえや!と感動したりしながら、1月の4コマ漫画を描きました。

d0164172_23295183.jpg







色んな人がカバーしてますが、ちあきなおみの「赤色エレジー」にぐっと来た。

[PR]
by nicolaus_92 | 2015-01-28 23:30 | 4コマ漫画